NPO SHONAN PHILHARMONIC ORCHESTRA
本文へジャンプ

コンサートマスター

理事長挨拶

 団の紹介

賛助会について

役員

認定NPO法人 湘南フィルハーモニー管弦楽団

団のあゆみ
  1977年、茅ケ崎高校に着任した教師6人によってCAG(Chigasaki Amateur Group)として発足した楽団が、現在も月2回の練習と年1回の演奏会ならば参加できるという音楽愛好家の集団として、湘南の地に根付いた音楽活動を続けています。

 2003年に通称CAGは創団25周年を迎え、茅ケ崎弦楽合奏団から湘南室内管弦楽団(Shonan Chamber Orchestra)へ、2008年には湘南フィルハーモニー管弦楽団(Shonan Philharmonic Orchestra)へと発展していき、2管編成の管弦楽団として、ロマン派の曲を中心に演奏曲目の幅も広がっています。

 <地元市民に演奏参加への道を開く>ということもCAGの主な活動の一つで、「主婦のためのヴァイオリン教室」「主夫のためのチェロ教室」を経て、演奏の喜びを知った団員も多くいます。
 今後もこれらの教室の開催、更に、地域の音楽家への独奏の場の提供など、市民参加のプランが練られているところです。

 2012年11月5日には、団の安定した運営基盤を築き、音楽文化の発展に寄与するために、NPO法人として新たな門出をスタートしました。
 
入場料が500円のわけ
 夫婦と子供二人の標準家庭の家族が、日曜日の午後の娯楽として負担していただける金額と考えています。

入場料の寄付
 第11回コンサート(1990年5月)以来入場料は全額寄付していますが、2013年からはNPO法人として引き続き、入場料は全額支援事業に使わせて頂きます。

ドリンクサービスについて
 演奏を聴いて頂いたお客様の渇いた喉を潤していただき、併せて団員との交流の場となることを期待しています。

市民参加
 聴くだけではなく、自分も演奏してみたいという市民の方々の「演奏への参加の道」として、「主夫のためのチェロ教室」を2回、「主婦のためのヴァイオリン教室」を3回、「主婦のためのヴィオラ教室」を1回主宰しました。
 さらに第28回コンサートでは、「ソリストの公募」を行いました。

賛助会
 賛助会の皆様には3,000円の会費をいただき、物心両面にわたり当楽団の活動を支えていただいています。
設立趣旨書
NPO法人について

Copyright(c)2010 Shonan philharmonic orchestra All Rights Reserved.








inserted by FC2 system